ハッカクレン
b0194477_642016.jpg

ハッカクレンは台湾や中国の深山の林床に生える大型の植物です。
太い茎の先端に大きな角のある葉を2枚広げ、葉の下に赤褐色の抱え咲きの花を数輪咲かせます。このハスに似た葉の角の数から「六角蓮」や「八角蓮」と呼ばれています。

学名:Podophyllum pleianthum

葉を見てもわかるように、日向向きではありません。1年を通して日陰でゆったりと育てるとよい植物です。特に夏場は強い光を避け風通し良くしてください。

1枚目のハッカクレンは広西ハッカクレン

b0194477_6481511.jpg

b0194477_6483279.jpg

これはらいずれも湖南ハッカクレン
かなり個体差がありますね〜。
葉はビロード状になっており色、形、質感ともにユニークです。

b0194477_652405.jpg

こちらはヒマラヤハッカクレンです。
上の二つと違って葉はわりと普通ですが,花色が淡い桃色と素敵なようです。
わたしはまだ見たことないのですが。^^;
[PR]
by sakiplanta | 2016-04-24 06:54 | Comments(0)
<< フォッサギラ・ブルーシャドウ 台湾バイカカラマツ 四季咲き >>