カテゴリ:植物紹介( 91 )
八重咲きシュウメイギク
一重にはには一重の良さがあり、八重には八重の良さがあるって、当たり前ですが、
シュウメイギクの八重咲きは変化が多くておもしろいです。
特に桃花のほうは変化が大きくちょっと驚いた咲き方がありました。

b0194477_23401553.jpg


b0194477_2341444.jpg

どきどきします、かわいい♪
b0194477_23414498.jpg

こういった花弁数の少ないものもありますが、
b0194477_23423298.jpg

こちらは花色も濃く、ちょっとバラみたいでしょ?
b0194477_23465960.jpg
b0194477_23464476.jpg
b0194477_23463028.jpg

これはすごくきゅんとなりました。
八重咲きのクリスマスローズにこんな感じのがありました。
ちょっと増やしてみたいですね〜。
[PR]
by sakiplanta | 2016-09-29 23:48 | 植物紹介 | Comments(0)
八重咲きレンゲショウマ
b0194477_15192385.jpg

八重咲きレンゲショウマが咲き始めました。

まるで妖精が舞い降りたみたいで本当に美しい、信じられないぐらいの美しさです。
つぼみもたくさん、これは是非見ていただきたいですねぇ・・・
b0194477_15211178.jpg

色がやや薄紫を帯びた淡いピンクでその微妙な色加減がまたいいのです。

しばし呆然と見てます。
[PR]
by sakiplanta | 2016-07-30 15:23 | 植物紹介 | Comments(0)
カラスバトリアシショウマ、丹那チダケサシ
b0194477_2339665.jpg

カラスバトリアシショウマの花が上がってきてよい感じだったので、
拙庭に植え込んだ図です。
b0194477_2341598.jpg

周辺はこんな感じでまとめて植え付けました。
この辺り、台湾ホトトギスやシュウメイギクが増える増える・・・
少し前まで元々あり、ほとんど咲かなかったツツジを根元から切りました。
そこへ、奥まって見えない(まだ背が低い)二重咲きタマアジサイ
その手前にヤマアジサイ 日向絞り、
このカラスバトリアシショウマ、丹那チダケサシ
左のほうにヤグルマソウ、ヤマユリです。


ヤマユリはあまり買ってくださる方はいないのですが、わたしは一番好きなユリです。
雄大で気高く優しく、申し分ないユリだとおもうのですがっ♪

それと丹那チダケサシもいいのですよ!
b0194477_23482517.jpg

鉢に植え付けようかなとも思っていたのですが、ふとここに。
この場所が気に入ってくれるといいのですが。

b0194477_23502727.jpg

アストランティアもとても素敵です。
あと少しですが在庫あります。
b0194477_2352631.jpg

パフィオペディルム
これがなかなか麗しくよいです♪
鉢栽培になりますし、冬は室内に取り込むようになると思いますが、
栽培自体は決して難しくないので育ててみませんか?
[PR]
by sakiplanta | 2016-06-27 23:54 | 植物紹介 | Comments(0)
桃花テンナンショウ
夏が近づいてまいりますと、だんだんと入荷のスピードが落ちてくるものですが、
意外と入荷しています。それも最近はレアものが少々入っています。

b0194477_21483574.jpg

出ました!桃花テンナンショウです。
麗しいですね。
ここに至るまで実生で8年以上ってすごいですよね。
根気づよいですよねぇ・・

でもって、桃花と申しても花色は個体差があります。

b0194477_215241.jpg

こういった桃色筋の濃いタイプとか、
b0194477_21524597.jpg

白に近いタイプなど。白といっても緑が目立ちますね。

今回はすでに3つのうち2つは売れまして、(ありがとうございます)
あとは白に近いタイプがございます。

レアものとしては、近年発表されたアネモネ‘ワイルドスワン’
b0194477_21554627.jpg

この裏側花弁(ガク)の紫が美しいです。
b0194477_21573694.jpg

表側はほとんど白ですが薄紫がほんのり透けて見えます。
美しいですね。
和名で「表白 シュウメイギク」という言い方もありますが、ちょっと疑問が残ります。
性質が違うのではないかと思うからです。

この品種は、英国のエリザベス・マクグレガー・ナーセリー(Elizabeth MacGregor Nursery)で、多くのアネモネの中からエリザベスさんが見つけ出したものだそうです。
アネモネ・ルピコラ(Anemone rupicola)が親のハイブリッドといわれています。
草丈も30cmぐらいまでと小型で野生の遺伝子が強いのだと思います。

6月ぐらいから9月ぐらいまで咲き続けるということや、こういった特殊なものは
実生ではなく株分けで殖やすのかなぁと想像するのですが、だとするとそれほど弱いわけではないが、気をつけなければならない品種かと思います。

地植えにするか、鉢栽培にするかは少し様子を見てからにしたいです。
わたしも育てるつもりなので〜。

☆ 極少量ですが、近日再入荷です!

ではネットショップもよろしくお願いいたします。
http://sakisansou.ocnk.net/

[PR]
by sakiplanta | 2016-06-14 22:05 | 植物紹介 | Comments(0)
ヤマアジサイ
どうも間があいてしまいます。^^;

そうこうしているうちに、ヤマアジサイの苗は庭植えよりもひとあしもふたあしも早く開花しています。
b0194477_17545052.jpg

奏音の星、かのとのほし と読みます。
装飾花が星のティアラのようでたいへんよくできている?(といっていいのかしら?)
アジサイです。
b0194477_17563918.jpg

土佐の霧雨
写真より実物のほうがいいです。
装飾花の感じがハラハラとしていて,「霧雨」を感じさせてくれるんです。
b0194477_17581675.jpg

倉木の光
咲き始めの色の薄い時が透き通るようで、花弁にうっすら筋が入るんですね。
それがいいんだなぁ・・・
b0194477_175953100.jpg

由布残雪
斑入りのヤマアジサイです。
b0194477_1811415.jpg

日向紅神楽
これも可憐です。

今年は訳あってたくさんの種類を仕入れて,初めて見るものも多かったのですが、
本当にその多彩さに驚きを感じます。

1品種1個、2個というのもあるので販売できないものもありますが、来年はこれをという候補があります。

たとえば、
b0194477_18203969.jpg

九重麗華 くじゅうれいか
b0194477_1821884.jpg

九重凛華 くじゅうりんか

ふたつとも近年発見されたものです。
名前のしめすように大分県九重山ものとか。
この辺りすごく多いです!


ところで、アジサイは大きめの鉢に寄せ植えすると管理し易いですよ。
とにかく水切れには気をつけないといけないので、小さい鉢に1苗植えるよりも
まとめて植えるほうがアジサイも過ごし易そうです。


地植えの場合も夏が終わるまでは水切れには気をつけてください。
[PR]
by sakiplanta | 2016-06-01 18:24 | 植物紹介 | Comments(0)
口紅サラサドウダン、風鈴ツリバナ
b0194477_22294855.jpg

口紅サラサドウダンの苗が色づいています。
これからもう少し色が濃くなると思います。

口紅サラサドウダンは拙庭にもあるのですが、花弁の切れ込みが若干違うようです。
こちらの苗のほうが切れ込みが深いです。
サラサドウダンは育て易く,ほぼ間違いなく毎年花が咲き花付きがよく、
とても愛らしいのでお勧めです。
秋には赤〜く紅葉します。

b0194477_2234589.jpg

これは風鈴ツリバナなのですが、驚いたことに,花後すぐに実の形ができるんですね!
そのうえ,形がプロペラ型で、これも拙庭のと違うので興味深いです。
この実は今は杏色をしていてとてもよいお色ですが,この先秋には赤くなるようです。
在庫はひとつしかありませ〜ん^^;

ヤマアジサイもいろいろ入荷していますが、
b0194477_22392017.jpg

これは「土佐日記」の咲き始めたところです。
装飾花の色が深くこれから期待大です。
b0194477_22412912.jpg

これは「七変化」というアジサイですが、花も素敵ですが、
軸の赤いところがナイスです!

b0194477_22422346.jpg

紫人字草の葉もシックでよいでしょう?
寄せ植えにしてもいいですよ!
[PR]
by sakiplanta | 2016-05-12 22:43 | 植物紹介 | Comments(0)
フォッサギラ・ブルーシャドウ
b0194477_6593784.jpg

フォッサギラはマンサク科の落葉低木でアメリカ半部原産です。
同じマンサク科でも,日本のそれとはだいぶイメージが異なります。
樹高1~1.5mと低くおさまるので小さく抑えたいところでは良さそうですね。

咲き始めはうえのように黄緑がかり、咲き進むと白くなります。
b0194477_721434.jpg


名前の「ブルーシャドウ」は葉の色から来ているのですが,今の段階ではまだ葉は出ていません。


ネットショップはこちらです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by sakiplanta | 2016-04-24 07:03 | 植物紹介 | Comments(0)
台湾バイカカラマツ 四季咲き
b0194477_23304057.jpg

これ 台湾バイカカラマツ 四季咲きなんですが、
本当によく咲くんです!
冬でも咲いていたんです。
ただ冬の間は基本的に生育の盛んな頃ではありませんから、
葉はぽそぽその状態。
春になり暖かくなって葉もだいぶ展開してきて花も、まか、かわいい♪
b0194477_2334654.jpg

ちょっとした寄せ植えによ良いですよね♪

それから、これはぐっとくる充実苗、タイツリソウです。
b0194477_23444419.jpg

ここの所生長が著しいので今日はもっと伸びています。
もうすぐ咲いてしまいそうです。

良い苗を見ているとなんかうれしいです♡

それからこれは、ミヤマオダマキのおぼろです。
b0194477_2347586.jpg

これは去年の苗を鉢で1年間育てたものです。
今販売のものはもっと小さいですが,1年経つとひとまわりもふたまわりも大きくなり
花数も増えます。
柔らかで愛らしい色、「おぼろ」という名前がぴったりです。
[PR]
by sakiplanta | 2016-04-11 23:53 | 植物紹介 | Comments(0)
暖かくなり
つぎつぎと展開しています。

b0194477_15131553.jpg

濃色四国カッコソウです。

つぼみが色づいています。もうすぐです!

b0194477_15143037.jpg

八重咲きヒメシャガも威勢良く伸びています。
葉は緑一色です.念のため。

b0194477_15152484.jpg

サンギナリア カナデンシスも急に上がってはやいのはもうすぐ咲きそうです!!

ネットショップはこちらです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by sakiplanta | 2016-04-04 15:15 | 植物紹介 | Comments(0)
クレマチス ペトリエイ
b0194477_824165.jpg

クレマチス ペトリエイ

やっぱり用土が多く肥料もやったほうが花つきも生育もよく見栄えがするので、
販売用のクレマチス ペトリエイ、鉢増しました!
15cm深鉢です。

耐寒性はどうなのかというと、軒下で最低気温ー5度ぐらいまで耐えられそうです。うち辺りがそうなのですが,大丈夫でした。

b0194477_844387.jpg

斑入りマイヅルソウも出てきました。
これは葉が丸く個性的なので葉だけでも満足します。♡

[PR]
by sakiplanta | 2016-03-30 08:05 | 植物紹介 | Comments(0)