ハス
夏です。
水不足が心配される夏です。
晴れた日にはちょっと油断していると鉢物の植物がうなだれている場合があります。
もちろんすぐに水をやれば元に戻りますが、

がんがんの陽を浴びても、お日様大好き、水栽培で水切れの心配もない
水生植物が欲しくなったりしませんか?
わたしは欲しいです☆

そこでハス、花蓮です!

b0194477_2282641.jpg

こんな感じで葉も優雅に伸びてます。

ところで、蓮の葉って干してお茶にすると香り高くおいしいんですよ。
栽培中あまり切ると支障があるのでなかなかできませんが、
茂って1枚や2枚とっても平気になったらやってみたいです。

b0194477_221133.jpg

オカトラノオや
b0194477_22113083.jpg

イブキクガイソウも夏らしくてよいですね〜。


b0194477_22132533.jpg

黒軸天竺スゲ
これ、かっこいいです!
単植えでも.寄せ植えでもよさそうですね。

ネットショップはこちらです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by sakiplanta | 2016-07-12 22:14 | 入荷情報 | Comments(0)
15%引きセールです!
本日7/4(月)〜7/16(土)まで全品15%割引セールです!
どうぞよろしくお願いいたします。

これからますます暑くなります。
新たに地植えされる場合は水切れに気をつけ、鉢栽培はもちろんですが地植えでも決して油断せず
夏が終わるまでは水切れしていないかの確認をよろしくお願いします。




b0194477_1392321.jpg

極端に少量ですが、エキナセアはずっしりしていてお勧めです。
これは‘デイドリーム’繊細な雰囲気があり、黄色といえども落ち着いています。

ネットショップはこちらです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by sakiplanta | 2016-07-04 13:08 | Comments(0)
カラスバトリアシショウマ、丹那チダケサシ
b0194477_2339665.jpg

カラスバトリアシショウマの花が上がってきてよい感じだったので、
拙庭に植え込んだ図です。
b0194477_2341598.jpg

周辺はこんな感じでまとめて植え付けました。
この辺り、台湾ホトトギスやシュウメイギクが増える増える・・・
少し前まで元々あり、ほとんど咲かなかったツツジを根元から切りました。
そこへ、奥まって見えない(まだ背が低い)二重咲きタマアジサイ
その手前にヤマアジサイ 日向絞り、
このカラスバトリアシショウマ、丹那チダケサシ
左のほうにヤグルマソウ、ヤマユリです。


ヤマユリはあまり買ってくださる方はいないのですが、わたしは一番好きなユリです。
雄大で気高く優しく、申し分ないユリだとおもうのですがっ♪

それと丹那チダケサシもいいのですよ!
b0194477_23482517.jpg

鉢に植え付けようかなとも思っていたのですが、ふとここに。
この場所が気に入ってくれるといいのですが。

b0194477_23502727.jpg

アストランティアもとても素敵です。
あと少しですが在庫あります。
b0194477_2352631.jpg

パフィオペディルム
これがなかなか麗しくよいです♪
鉢栽培になりますし、冬は室内に取り込むようになると思いますが、
栽培自体は決して難しくないので育ててみませんか?
[PR]
# by sakiplanta | 2016-06-27 23:54 | 植物紹介 | Comments(0)
桃花テンナンショウ
夏が近づいてまいりますと、だんだんと入荷のスピードが落ちてくるものですが、
意外と入荷しています。それも最近はレアものが少々入っています。

b0194477_21483574.jpg

出ました!桃花テンナンショウです。
麗しいですね。
ここに至るまで実生で8年以上ってすごいですよね。
根気づよいですよねぇ・・

でもって、桃花と申しても花色は個体差があります。

b0194477_215241.jpg

こういった桃色筋の濃いタイプとか、
b0194477_21524597.jpg

白に近いタイプなど。白といっても緑が目立ちますね。

今回はすでに3つのうち2つは売れまして、(ありがとうございます)
あとは白に近いタイプがございます。

レアものとしては、近年発表されたアネモネ‘ワイルドスワン’
b0194477_21554627.jpg

この裏側花弁(ガク)の紫が美しいです。
b0194477_21573694.jpg

表側はほとんど白ですが薄紫がほんのり透けて見えます。
美しいですね。
和名で「表白 シュウメイギク」という言い方もありますが、ちょっと疑問が残ります。
性質が違うのではないかと思うからです。

この品種は、英国のエリザベス・マクグレガー・ナーセリー(Elizabeth MacGregor Nursery)で、多くのアネモネの中からエリザベスさんが見つけ出したものだそうです。
アネモネ・ルピコラ(Anemone rupicola)が親のハイブリッドといわれています。
草丈も30cmぐらいまでと小型で野生の遺伝子が強いのだと思います。

6月ぐらいから9月ぐらいまで咲き続けるということや、こういった特殊なものは
実生ではなく株分けで殖やすのかなぁと想像するのですが、だとするとそれほど弱いわけではないが、気をつけなければならない品種かと思います。

地植えにするか、鉢栽培にするかは少し様子を見てからにしたいです。
わたしも育てるつもりなので〜。

☆ 極少量ですが、近日再入荷です!

ではネットショップもよろしくお願いいたします。
http://sakisansou.ocnk.net/

[PR]
# by sakiplanta | 2016-06-14 22:05 | 植物紹介 | Comments(0)
ヤマアジサイ
どうも間があいてしまいます。^^;

そうこうしているうちに、ヤマアジサイの苗は庭植えよりもひとあしもふたあしも早く開花しています。
b0194477_17545052.jpg

奏音の星、かのとのほし と読みます。
装飾花が星のティアラのようでたいへんよくできている?(といっていいのかしら?)
アジサイです。
b0194477_17563918.jpg

土佐の霧雨
写真より実物のほうがいいです。
装飾花の感じがハラハラとしていて,「霧雨」を感じさせてくれるんです。
b0194477_17581675.jpg

倉木の光
咲き始めの色の薄い時が透き通るようで、花弁にうっすら筋が入るんですね。
それがいいんだなぁ・・・
b0194477_175953100.jpg

由布残雪
斑入りのヤマアジサイです。
b0194477_1811415.jpg

日向紅神楽
これも可憐です。

今年は訳あってたくさんの種類を仕入れて,初めて見るものも多かったのですが、
本当にその多彩さに驚きを感じます。

1品種1個、2個というのもあるので販売できないものもありますが、来年はこれをという候補があります。

たとえば、
b0194477_18203969.jpg

九重麗華 くじゅうれいか
b0194477_1821884.jpg

九重凛華 くじゅうりんか

ふたつとも近年発見されたものです。
名前のしめすように大分県九重山ものとか。
この辺りすごく多いです!


ところで、アジサイは大きめの鉢に寄せ植えすると管理し易いですよ。
とにかく水切れには気をつけないといけないので、小さい鉢に1苗植えるよりも
まとめて植えるほうがアジサイも過ごし易そうです。


地植えの場合も夏が終わるまでは水切れには気をつけてください。
[PR]
# by sakiplanta | 2016-06-01 18:24 | 植物紹介 | Comments(0)