農業委員 F様
b0194477_8413180.jpg


シロスミレ

この冬に蒔いたものです。
花が咲く前に閉鎖花ができています。
これで種ができることにより、
また種が保存されます。



以下の文は、先日農業委員のFさんに取材され、「思うことをなにか書いておいてください。」と
頼まれていたことへの返答です。

最近文章が多いですが、お読みくださるとうれしいです。

    **************************



 わたしが東京から、藤野を経て上野原に越してきたのは約10年前です。
人の多さと夏の暑さに辟易し自然豊かな地に移り住みたいと思いました。
車で行ける範囲に友人が住んでいたことからこの辺りと決めました。

最初は借家でしたが、大家が戻ってくることになり出なければなりませんでした。植物に対する愛着は増すばかりで、これはどうしても植物たちにも安住してもらわなければいけないと思うようになりました。
 決められた期日内で土地をみつけるのは至難の業でした。知り合いにも頼み、私自身もあらゆる手を尽くして土地探しをしましたが、なかなか見つけることができず、知り合い経由の候補地も所有者の気が変わり売ってもらえなくなるなど、幾度も落胆しました。

 現在の土地が得られたのも本当に苦労の末でした。幸い家の北側に畑が広く開け、遮るものなく山と空を臨め、ありがたい土地にめぐり会えたと感謝の気持ちを日々感じています。

 実はわたしはこの山野草の生産、販売に着手する以前から今でもほかに仕事を持っています。しかしながら、その業種の先行きが決して明るくないことから第二の仕事を見つける必要があると考え、ならば好きな植物相手ということと、これまで時間と手間をかけてつくった庭を結びつけて、庭でどのように育っているかを見ていただきながら植物を買っていただけたらと始めたのです。

 咲季山草軒の庭では、力を入れているバラ約100種のほか、数多くの落葉樹や常緑樹、山野草などが育っています。バラの無農薬栽培も自分にとっては普通のこととしてやっております。しかしながら、バラ栽培は奥が深くずっと試行している日々です。抜いた草や切った枝等を堆肥化したり、生ゴミ堆肥をつくるなど、循環型の栽培をしています。

 かつてこのあたりの山では、今よりもずっと植物相が豊かであったと多くの方が話しておられます。しかし針葉樹で覆われた山では貧弱にならざるをえません。また、人々がいっそうなくす方へ関与したり・・・。

 話は仕事からずれているかもしれませんが、越してきた当初から山の荒廃のことはずっと気になっていました。簡単にはいかないことはわかっていますが、上野原という土地を表すとすれば「低山に囲まれている地」ということができないでしょうか?山をまた豊かな植物の生まれ故郷とすることや、ほとんど使われずに放置されている針葉樹をなんとか人々の役に立つことに使えないでしょうか?そう願わずにはいられません。

 わたしが仕事に山野草を選んだのは、それが好きであるのはもちろんですが、山のこととも無縁ではありません。そのままでは絶滅に瀕してしまう可能性のある品種も実生や挿し木で育てていけばひとまず種は保存できます。お客様に買っていただき、いろいろなお庭で楽しんで育てていただくともに、種の保存に少しでも寄与したいと思う次第です。
 

b0194477_8543457.jpg


新入荷(再入荷)のイワシャジンです。



 
[PR]
# by sakiplanta | 2010-09-10 08:49 | 活動 | Comments(0)
農業委員の取材を受ける
営利目的だとなかなかチラシを貼らせてもらえませんが、
某JAの大きな産直所では、(そこの会員になったので)貼らせてもらうことができました。
それを見た我が市の農業委員のFさんが、取材をしたいと連絡をしてきました。

いざ話してみると、Fさんの農業に対する想い、市全体の農業のこと、はたまた
上野原市をいかに活性化するかなど、Fさんは広い視野を持った方なのでありました。
逆にわたしが聞いているようなもの!?

しかし、それはそれで良いのです。Fさんの辛口批評も頷けることが多く、
この町を活性化するには相当がんばらなければなりません。

咲季山草軒における山野草に対する想いや庭づくりのこと、バラ栽培のことは
わたしの、植物をめぐる三つの柱になっており、それを文章化するのはある程度の時間さえあれば、
なんとかなるだろうと思っています。

Fさんはケイタイカメラで何枚も写真を撮っていき、今日おおかた、紙面にしてきました。

その記事は発行部数こそ少ないものの、農業委員ほか、市長をはじめ市の要人には配るらしいので、
これは手が抜けません。!!^^;抜くつもりもありませんが。

さらにFさんは大きな構想をもっていて、ちょっとぐうたらで他に向けての宣伝も下手な
この市に、いかに外部から移住者をよぶことができるか?にも目を向けています。
ゆえにわたしのような外部から来て、(まだ始めたばかりだが)農業の分野でも起業した
者を引き合いにして、提言をしてもらいたいということなのでした。

OKでしょう。
わたしは私の構想をひそかに持っています。それは構想というよりは願望、希望といったものかもしれません。
それは簡単にできることではありませんが、長い時間をかけて努力と創意工夫、お金も?
があればすこしづずつでも展開していけるかもしれません。
その話は私の敬愛するスイス人陶芸家の方の考えでもあることで、
まだ実際どうすればよいのか検討もつかないことですが、まったく可能性のないことでもありません。
その話はいずれ・・・
b0194477_20463460.jpg

b0194477_20465880.jpg

これは小型のギボウシ、覆輪白洋
遅咲きですね。きれいな青紫です。
[PR]
# by sakiplanta | 2010-09-01 20:49 | Comments(6)
新商品入荷
残暑厳しい毎日が続いています。
きのうはツクツクボウシの鳴き声を注意して聞いていました。
こんなこと皆さんはとっくにお気づきでしょうけれど、
鳴き声ひとまとまりの最後の声が変わるんですね。
ツクツクホーシからウイヨース(そう聞こえるというだけで・・・)になるんだなぁなんて
新発見していたら、娘ですらとっくに知っていたみたいでがっかりです。

そんなことはともかく、新商品入荷です。
b0194477_2244307.jpg
b0194477_2245358.jpg


大文字草 銘品「伊予白翠」、「玉つづり」

白花ホトトギス、タカクマホトトギス

b0194477_2248098.jpg
b0194477_22482143.jpg


クマガワリンドウ、笹葉リンドウ(ササリンドウ)
千島ラッキョウ、オビトケ菊などです。
咲いているリンドウはエゾリンドウです。


それから、いずれ看板はつくってもらう予定なのですが、
今は応急でこんなのです・・・^^;
b0194477_22514787.jpg

[PR]
# by sakiplanta | 2010-08-22 22:35 | 入荷情報 | Comments(2)
種まき
b0194477_2144514.jpg


エゾリンドウも咲いてきて。



咲季山草軒として、初めの一歩ということで、今年の冬からたくさん種を蒔いていました。

そして、しばらく蒔ける種もない季節が続き、ようやく初夏頃から種ができ、またすこしづつ
蒔きはじめています。

6〜7〜8月もけっこう蒔きました。
どんなものかというと、

サンギナリア・カナデンシス、セツブンソウ、カラス葉白花セツブンソウ、セッコク、
キバナイカリソウ、コリダリス・オフィオカルパ、メコノプシス・黄花カンブリカ、
タカサゴカラマツ、バイカカラマツ、アクイレギア・ララミエンシス、琉球コザクラ、
タジマタムラソウ、タカネマンテマ、青花ショウジョウバカマ、屋久島ショウジョウバカマ、
レウイシア・トゥィーディ・ロゼア、チシマフウロ、白花チシマフウロ、白花風鈴ダイコンソウ、
ヤシャビシャク、アクイレギア・ロンギッシマ、アクイレギア・スコプロルム、カシポオキナグサ、
レウイシア・ネバデンシス、ヤナギラン、白糸ホタルブクロ・・・etc・・

というわけで、書いているだけでもうきうきしてきますねぇ♪
でも、この中でどれだけうまくいくでしょう・・・?

種まきはとにかくおもしろいです。
この中には自分でもよくわからないものが実は多いです。
でも、わからないまでも、ある程度想像がつくようになりました。

b0194477_21154330.jpg


このヤナギランのように蒔いてすぐ出てくるものもあります。


b0194477_21165117.jpg


カキツバタの種は乾燥したトウモロコシのようでおもしろいです。



b0194477_21194053.jpg

フシグロセンノウは今年の冬に蒔いてその年に花が見られる数少ない山野草です。
そういう意味では優秀ですが、ひょろひょろになりやすいので難しいです。



b0194477_21213547.jpg

濃色カライトソウ
標準型のカライトソウよりも少し濃い色。
なかなか良いお色でした〜。
[PR]
# by sakiplanta | 2010-08-12 21:24 | Comments(4)
ごあいさつ
咲季山草軒は山梨の東部、標高350mのところにあります。
ここで生産しているものは、その多くは種から育てているものです。
ビニールハウスではなく、単管パイプで組み立てた施設に遮光ネットを張り、
半分は屋根をかけ、半分はかけずにいます。

用土は良質のものを使い、また、自家製の嫌気性ぼかし肥料も使っています。
農薬は使わないこと、化成肥料も使う必要はないだろうとおもっています。

まだまだ若輩者ゆえ、みなさまにもいろいろご教授願いたいところですが、
栽培技術もお店も植物の生長のように成長していければとおもっております。

また、わたしどもだけでは種類も限られ生産も追いつかないことから、仕入れ品も扱っておりますが、取り扱う苗は、この庭にあるもの、おすすめできるもの、私が興味を持っているものなどです。

小さなひとつの苗からみなさまの元で、ささやかなしあわせを紡げますよう祈っております。
また、そのような苗をつくりたいとおもっています。

b0194477_20471771.jpg
b0194477_20465224.jpg

b0194477_20463440.jpg


遮光ハウスの中の小さな苗たちです。
がんばれ〜!
[PR]
# by sakiplanta | 2010-08-04 20:49 | Comments(4)