種まき
b0194477_2144514.jpg


エゾリンドウも咲いてきて。



咲季山草軒として、初めの一歩ということで、今年の冬からたくさん種を蒔いていました。

そして、しばらく蒔ける種もない季節が続き、ようやく初夏頃から種ができ、またすこしづつ
蒔きはじめています。

6〜7〜8月もけっこう蒔きました。
どんなものかというと、

サンギナリア・カナデンシス、セツブンソウ、カラス葉白花セツブンソウ、セッコク、
キバナイカリソウ、コリダリス・オフィオカルパ、メコノプシス・黄花カンブリカ、
タカサゴカラマツ、バイカカラマツ、アクイレギア・ララミエンシス、琉球コザクラ、
タジマタムラソウ、タカネマンテマ、青花ショウジョウバカマ、屋久島ショウジョウバカマ、
レウイシア・トゥィーディ・ロゼア、チシマフウロ、白花チシマフウロ、白花風鈴ダイコンソウ、
ヤシャビシャク、アクイレギア・ロンギッシマ、アクイレギア・スコプロルム、カシポオキナグサ、
レウイシア・ネバデンシス、ヤナギラン、白糸ホタルブクロ・・・etc・・

というわけで、書いているだけでもうきうきしてきますねぇ♪
でも、この中でどれだけうまくいくでしょう・・・?

種まきはとにかくおもしろいです。
この中には自分でもよくわからないものが実は多いです。
でも、わからないまでも、ある程度想像がつくようになりました。

b0194477_21154330.jpg


このヤナギランのように蒔いてすぐ出てくるものもあります。


b0194477_21165117.jpg


カキツバタの種は乾燥したトウモロコシのようでおもしろいです。



b0194477_21194053.jpg

フシグロセンノウは今年の冬に蒔いてその年に花が見られる数少ない山野草です。
そういう意味では優秀ですが、ひょろひょろになりやすいので難しいです。



b0194477_21213547.jpg

濃色カライトソウ
標準型のカライトソウよりも少し濃い色。
なかなか良いお色でした〜。
[PR]
by sakiplanta | 2010-08-12 21:24 | Comments(4)
Commented by school-t3 at 2010-08-13 23:28
楽しみですね~
Commented by sakillus at 2010-08-15 09:47
school-t3さん、見てくださってどうもありがとうございます。
小さな種から大きくなるとおもうとおもしろいですね〜。
Commented by 9goma9 at 2010-08-16 22:03
はじめまして。
咲季山草軒 オープンおめでとうございます。
もう一つのブログとともに いつも楽しみによませていただいてます。

20年前くらいでしょうか・・・。
友人と その友人の叔母様と山を散策する機会がありまして
その時 フシグロセンノウを教えてもらいました。
小さくてとても濃いオレンジ色と 「節が黒いからこの名前なんだよ」
と教えてもらったのを とても印象深く覚えています。

それ以来目にすることがなく 最近ふと思い出していたので こちらで目にすることができてとても懐かしかったです^^。

咲季山草軒
いつか お邪魔させていただきたいなぁと思っています^^。
また こちらにもお邪魔させてください♪






Commented by sakillus at 2010-08-17 09:02
9goma9さん、はじめまして!ようこそ。

お祝いのお言葉、どうもありがとうございます!
そうでしたか・・・拙ブログを見ていただいていたんですね。
うれしいです。

そうでしたか、フシグロセンノウ、そういう記憶は後々まで残るものですね。わたしは存在自体はずいぶんと前から知ってはいたものの、実際に見たこともたぶんなくて、種からというのも初めてのことです。
ひょろひょろですが、なんだか人気があります。
発芽率はとてもよいので、一つあればあと増殖させるのは簡単です。挿し木でもつきやすいようです。

この鈍い色とシンプルな形はどこか郷愁を誘うところがあるのでしょうか。

うちにもぜひおいでください!
9goma9さんはどちらなのでしょうね?
さきほどブログを拝見させていただいたら、なんと!バラも(仕事で?)育てていらっっしゃるのですね?@@
立派なハウスです〜。
しっとりとした感触ですね。
それと、ティーローズ周辺の集い?に参加されてるんですね。
わたしもあそこは時々覗いております。

またコメントどうぞ〜。
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
<< 新商品入荷 ごあいさつ >>