福寿草
秩父紅が咲き始めました。
b0194477_19313267.jpg

こんにちは〜。

外側の花弁の色がとても濃くて、質感もサテンのようです。
これだけ見ると「秩父紫」と呼びたいほどです。

b0194477_19325790.jpg

なかなかの存在感です。

これがわ〜っとたくさんあったら壮観なのでしょうけれど、少なかったら鉢で愛でる方がそばに寄れていいかしら?なんておもいました。

地植えしていたんですが、ポットあげしたんです。
これで、花後にお礼肥をあげて、現在は小さいのも含めれば3芽ありますが、秋までに増えているのでしょうか?
b0194477_19363654.jpg

こちらはオーソドックスな「福寿海」です。
この色も春を先取りしたようでいいですよね?

これは数年前から地植えしたままのものです。
さして増えもしませんがなくなることもなく毎年季節がくれば咲いてくれます。
「元日草」と呼ばれたのはやはり旧暦のことをさしているのですね。

この葉も大好きなんです。

わたしは地植えのほうは特別なにも肥料はあげてないせいかあまり増えませんが、
肥料をあげたら増えるのでしょうか?
して、それはこの子にとって幸せなことなのかな?
なにが幸せなのかわかりませんね。
その植物自体の戦略があるのでなんともいえません。

増えるとちょっとわたしはうれしい気がしますが・・・
[PR]
by sakiplanta | 2011-02-11 19:42 | 植物紹介
<< 新着商品 2/12 ファウンテンファーム八ヶ岳さん... >>