テカリダケキリンソウとミキさんの鉢
b0194477_22501547.jpg


これは実は買ってくださったお客様がいたのでもうないのですが、
だから記録として残そうという魂胆なのですが、
光岳(テカリダケ)キリンソウというものです。
わたしは意外に?この植物を気に入っていて、
あたたかい季節には茎がにょろっと伸びて、
寒くなると縮こまります。
ちょうど今がその境目で両方が見られます!

ところどころにつんつんと立っているのがおわかりでしょうか?
縮こまりほとんど葉だけになっています。
木の葉が真冬には赤くなり、小さなバラのようになるんですよね。
それもなかなかよいのです。

今のこれもおもしろいでしょう?
どこかロボットみたいでユーモラスだとおもうのは私だけでしょうか?


そして、この鉢!は平皿なのですが、これもニシダミキさんのものです。
フリーな手でつくったものなので同じものがありません。
動きがあっておもしろかったですよ。

ほかにもミキさんの鉢をお売りしようと思っているのですが、
少し時間をかけて考えたいと思っております。
ただいま山野草は地上部が寂しい状態ですので・・・

真冬はなかなか地上部のあるものが少なくお売りするものも少なくなって参りますが、
そのうちクリスマスローズが出てきますね〜。
今年は横山交配ほか、とても個性的な交配をなさる大木ナーサリーさんの
ヘレボも扱いますので、乞うご期待!!
[PR]
by sakiplanta | 2011-11-26 23:01 | 植物紹介
<< 百両 苔玉 >>